おでかけ

イタリア旅行 1

今年のお盆休みの旅行は結婚35周年でもあるので
記念になるようなところへ旅行しようということになり
イタリアへ行ってきました。
しかし、このところのヨーロッパでのテロが多発しているため
本当のところ 行っていいものかどうかどうか すごく悩みましたが
何とかなるだろうとの思いから 行ってきました!!!


関空からはイタリアへの直行便がないため
KLMでアムステルダムまでいき そこからトランジットしてローマへ

今回は個人ガイドを頼んで自分たちが行きたいところをリクエストしました。

まずはホテルから近くの トレビの泉
DSC03899.jpg
もちろん後ろ向いてコイン投げをしてきました。

そこから予約していたバチカンへ
こちらには是非行ってみたい!!!

バチカン博物館入り口
DSC03318.jpg


1932年ジョセッペモモ設計の螺旋階段
DSC03324.jpg

とにかくこの博物館には膨大な作品があり
どれを見るかを選択しないと一日では無理!
しかも半日なんてとてもとても・・・

このタペストリーのギャラリーでは16世紀にベルギーの織物が飾られています。
DSC03369.jpg

続いてイタリア各地の地図のギャラリー
DSC03381.jpg
どちらも天井絵が美しすぎて どこを中心にみていいものか悩むほどでした。

ここからはラファエロの「署名の間」
DSC03403.jpg

ラファエロの「アテネの学堂」
DSC03409.jpg
中央にアリストテレスとプラトンが描かれています。

システィーナ礼拝堂へ向かう階段
DSC03431.jpg

そしてここからは一番行きたかった「システィーナ礼拝堂」
ミケランジェロの傑作「最後の審判」
そして天井画

こちらは法王選挙(コンクラーベ)が行われる神聖な礼拝堂で
大きな声をだすこと、床に座ること、帽子 もちろん撮影禁止
 みんなこの礼拝堂に入った瞬間時間が止まったように静かになりました。

ただ、ものすごい人で ざわざわしたりすると 「しーーーっ」とされてしまいます。

ここに来たかった!

このミケランジェロの絵が見たかった!!

本当に感動しました!!!

この感動を胸にしまったまま次のサンピエトロ大聖堂へ
DSC03449.jpg
DSC03443.jpg

カトリックの総本山で多くの巡礼者が来られていました。
ここで一番見たかったのがやはりミケランジェロの「ピエタ」
DSC03475.jpg

何年かまえにハンガリー人に叩き壊されたため
このように防弾ガラス越しに見るようになってしまいました。

サンピエトロ大聖堂をでてサンピエトロ広場に向かうところに
スイス人の衛兵がいます。
DSC03484.jpg

サンピエトロ広場
DSC03492.jpg

ここからコロッセオへ移動
DSC03502.jpg
古代ローマ遺跡の代表で円形競技場
DSC03528.jpg

このように古代時代の遺跡がゴロゴロしているローマってなんだかすごすぎるなあと
感心するばかりでした。

コンスタンチヌスの凱旋門
DSC03532.jpg
ここはコロッセオの西側に隣接する315年建造の凱旋門です。
315年って、日本じゃ大化の改新以前やん!!!

次に行ったのが パンテオン
2000年前の鉄筋を使わない世界最大の建造物です。
この中も礼拝堂になっています。
DSC03557.jpg

そしてここにはラファエロのお墓があります。
DSC03552.jpg

ここからスペイン広場へ
DSC03577.jpg
ただこの時は改修工事中で 中へは入れませんでした。

この近くはブランド街なので 多くの買い物客がいました。
このほとんどが中国人でしたが・・・

次にナヴォーナ広場へ
ここは17世紀にベルニーニによって改修され 泉が3つ並んでいます。
DSC03571.jpg

ベルニーニの噴水
DSC03559.jpg

昼食もそこそこに 「真実の口」がある
サンタ マリアイン コスメデイン教会へ
IMG_3183.jpg

この入り口近くに「真実の口」があります。
DSC03582.jpg
ただこんなに並ばないと口に手を入れられません!
DSC03583.jpg

この日でだいたい1時間半ほど並ばないといけないようでした。
なので 並ぶのを諦めて中の礼拝堂へ
DSC03584.jpg

この教会はギリシア人のために6世紀に建てられたもので
ローマ教会とは趣も違います。
そしてほとんどの人が真実の口で写真をとったら中には入らないそうです。

が、この教会には「サン、バレンティーノ」 日本ではおなじみの「セントバレンタイン」
この聖人の 骸骨が透明の箱に納められています。
さすがに写真を撮るのは 躊躇われたのでありませんが
ものすごくインパクトがありました。


折角ここまで来たのなら 中の教会に入ってキャンドルに灯りを灯して
お祈りするのもいかがでしょうか?
(ただ、このキャンドルの説明のところは 英語とハングルしかなく日本語の説明がなかった!)

コメント
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じゃすみん

  • Author:じゃすみん
  • ジャスミンのお茶の香りが大好きです!!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

Page Top