おでかけ

半夏生そして水無月

今日は6月30日
2013年も半分が過ぎました。
この日は関西では水無月という三角形のういろうの上に甘煮の小豆を散らしたあの和菓子を食べます。

水無月 @@4

6月30日は、夏越祓(なごしのはらえ)をするみそぎの日。半年間の身の汚れを祓い、来たる半年の清浄を祈念し、「水無月」を食べるのです。
主に京都で始まった習わしです。

そしてこの時期は半夏(烏柄杓からすびしゃく)が生える頃、梅雨の終わりを告げる季節として
二十四節気の夏至の最後に位置しています。
夏至から11日目が半夏生で、今年は7月2日だそうです。
この花が半夏生です。
DSC00483 @@


今日は京都の建仁寺の両足院で 夏の特別拝観 半夏生(ハンゲショウ)の庭園特別公開があるということで
行ってきました。
ここは白砂と苔に青松が美しい唐門前庭、枯山水庭園の方丈前庭、そして京都府指定名勝庭園の池泉廻遊式庭園からなり、初夏の頃には半夏生(ハンゲショウ)が池辺を彩ります。
両足院 @@

両足院 半夏生 @@

またここ建仁寺は臨済宗の禅寺でもあり枯山水のお庭が素敵です。
枯山水 @@

そして誰もが一度は見た覚えがあるこの屏風絵
「風神雷神」の襖絵があるお寺です。
(でもここにはレプリカ(高精細デジタル複製)のみで 本物は京都市美術館にあるらしい)
風神雷神 @@

そしてこんな襖絵も常設してあります。
雲龍図
龍雲図 @@
ただし、これも高精細デジタル複製です。
でもこうしてみると 迫力があります。

それから法堂の天井には双龍図があります。
双龍図 法堂天井図 @@
双龍図 @@

こあれは2002年に創建800年を記念して描かれたものです。
これは迫力もあり 圧巻です。

ここ建仁寺は花見小路のどんつきにあり、知ってはいたものの
訪れたことのないお寺でした。
あの人の多いところとはかけ離れた静けさに驚かされます。

そのあと花見小路にある京都「美山荘」四代目料理人・中東久人氏プロデュースのカフェ&ギャラリーOKUでランチ
OKU @@

OKU  ランチ @@
生姜の水無月豆腐のピュレ掛け ブロッコリー添え生姜の水無月豆腐のピュレ掛け ブロッコリー添え
鱸(スズキ)の洗い 梅肉 山葵鱸(スズキ)の洗い 梅肉 山葵
鱒の木の芽タレ焼き
丸茄子のオランダ煮 海老の天麩羅 万願寺唐辛子
夏野菜の丼
豆腐と揚げのお味噌汁

ここでお味噌汁に山椒の粉をかけて食べるのにびっくり!
でもピリッとして香りもよく 本当においしかった~

その後ブラブラしたあと、同じく花見小路にあるカフェ「きなな」にて
休憩
きなな@@
ここではパフェをいただきました。
きなな パフェ @@


ここもとても有名らしく私たちが食べ終わったころには長蛇の列!

今日は梅雨の合間の晴れの日で、まだそんなに暑くもなく
京都散策するのに気持ちよかった~~~

また行きたいな~~~

日記

すっかり・・・

もう、すっかりやる気のないブログとなってしまいました。

まあ、そんなに書くこともないし、
母のことも ある程度落ち着いてきたし
平々凡々な毎日を送っています。

去年のことを思うと 父の入院やら
親のことで 毎日イッパイイッパイの生活していたんだな~
と懐かしく思ってみたり・・・

これからは 母の病気も進行するだろうし
まだまだこれからも悩みは尽きないだろうけれど
今の生活を維持していけるようにしていくだけ・・・

日記

怠惰な暮らし

夫がまた上海、成都への出張のため、晩御飯を作らなくてもいい日が続いております。

そのため、ここ最近ろくなもの食べてません!
長男いるけれど ほとんど家で食べないから
おひとり様でのお食事なんて 作る気もしませ~~~ん!

なので、今晩のお夕飯は ヨーグルトと果物、そしてこの2~3日間の
残り物・・・

でもでも さっぱり痩せません。
体重だけは 元のまんまだ!

ええんか>私?

日記

乾かな~い!

台風接近中、しかもこちらは雨、それも大雨の中
仕事に行ってきました!

こんな大雨なので ひま~~~~~

で、昨日から雨のため
洗濯物が 乾かない!

水不足よりまだいいのかもしれないけど
やはり雨が続くと 困るよ・・・

それとこのところ 母の状態が落ち着いているのか
全く電話がかかってきません!
何か不安なことがあると
一日に数回数十回とかけてきてたけど
もう今週は一度もかかってこない~

こちらからかけても 別に何にも困ったこともないらしく
落ち着いているようで
安心です。

今のところね!

日記

こんなに混むとは・・・

もうすでに3日も経っていますが
この前の日曜日 父の納骨を終えました。

元々分家で 仏壇もない家だったし、
跡取りもいないし、 一心寺に納骨することになりました。

一心寺

ここは宗派に関係なく 納骨できるお寺なので
関西ではとても有名です。
また 納骨された遺骨で骨仏を10年に一度作るお寺としても大変有名です。

日曜日だし込み合うとは思っていたけれど
まず受付と会計するまでに 約1時間
それから本堂にて 名前を呼ばれて読経してもらうまでにまた20分以上待たされ
その後 ようやく納骨、

もうこの一連の行事が終わるころには 疲れ果てたよ!

母も「おじいさん、さよなら」と手を合わせることができたし
これで何だか一区切りついた感がして落ち着きました。

これからは母が穏やかに暮らしていけるように
手助けしていくつもりです。

日記

罪悪感

昨日のあさイチでの話題が、娘による「介護」

うちも私の両親を介護していたけれど
4月に父が亡くなり今は母をみている。

でも 同居しているわけでもなく ちゃりんこで10分ぐらいのところに住んでいるので
何かあれば すぐに飛んで行けます。
それでも常に頭に重い石を乗せたような精神状態が長く続いています。

父が亡くなるとき病院から呼び出され ベットですでに天国に旅立った父の姿を見たとき
正直ホッとしたのも事実。
そして そんな自分の気持ちに対してなのか、悲しみも湧いてこなかった自分に罪悪感があった。
しばらくその罪悪感に 悩まされていた。

それと、介護される親自体の意識の問題も大きい。
うちの場合 一人っ子で私にしか頼れるものがないため
両親はできる限り自立するように がんばっていた。
そのおかげで施設に入ることもなく
また父は救急搬送されてたあと 6日後に亡くなり
苦しむことも少なかったことがよかったと思う。

そりゃ、実の娘のほうが 親としては言いやすいだろう。
けれど 実親であっても 長く介護をしていると
やさしく接することもできなくなるだろうな。
それと感謝の気持ちね。

この感謝の気持ちがあるだけで どれだけ救われるか。

母も私に対しては
「いつもごめんな。 あんた一人に苦労させて」という。
この言葉で 何とかやっていけてるんだと思います。

今は母も落ち着いて 穏やかに暮らしているけれど
今後はどうなることやら・・・

まあ、ヘルパーさんのお力を借りたりしてなんとかなるやろ!!!





プロフィール

じゃすみん

  • Author:じゃすみん
  • ジャスミンのお茶の香りが大好きです!!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

Page Top